週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

ここから始まる、僕の農夫ライフ

d0375829_20591421.jpg



















え?こんなに広いところを使っていいんですか?

時々、肥料を購入している肥料屋のMさんに紹介してもらい、
空いている農地を案内してもらった。

200〜300坪くらいはあるだろうか。

僕の農夫ライフの第一歩は、ここから始まるんだ。

「まあ、最初は5mぐらいから、少しずつやっていきなさい」、とMさん。

そりゃ、僕のツルハシ一本で、こんなに広いところを耕してたら、
いったい何日かかるんだろう。

耕耘機も貸してくれるようなことを言ってたけど、
まずは、自分の使い慣れた農具で耕してみた。

d0375829_20591459.jpg



















1時間半ぐらいかけて、とりあえず堅くなった土を掘り返してみた。

これで奥行き5mぐらいかな。
今日はこのぐらいにしておかないと、明日から腰痛間違いなし。

これだけ広いと、
一畝に全部キュウリとか、
隣はピーマンの畝が何列で何メートル、とかいうレベルになる。

そうなったら気持ちいいだろうな。

我が家の庭にある畳3枚分の畑とは訳が違う。
狭い畑の限られたスペースに何を植えようかと悩む必要はないんだ。

とはいえ、規模が大きくなれば、かかる費用も増え、
失敗した時のロスも大きいだろうな。

まあ、こんな広い敷地全部使ってしまったら、
勤め先の人事課さんへ副業のお許しを請うことになるので、
自家消費分だけを作るなら、敷地の3分の1以下でも多すぎるぐらいだ。

これから週末農夫コーディーが、
ちょっとずつ鍬を振るっていきますので、どうか見守りください。

これまで綴っていた「コーディーの浜松ライフ」から、
新しくエクサイトブログへ転身しました。
慣れないブログサイトなので、とりあえず第1回目の投稿はこんなところで。

これからどうぞ引き続き応援願います。



[PR]
by agricody | 2018-02-24 21:46 | 土作り | Comments(2)
Commented by ナベショー at 2018-02-28 19:23 x
広大な農地、、無人販売店で野菜を売るほど収穫できますね。
Commented by agricody at 2018-03-02 21:56
> ナベショーさん
そりゃ、上手くいけば多少の小遣いは稼げるかもしれませんが、
まだ、取らぬ狸の皮算用ですね。