週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

ジャガイモの畝

d0375829_14534998.jpeg
ジャガイモさん、整列!
左と右とで植えたのが1週間違だけで、こんなに成長に差がある。

真ん中に抜いたばかりの雑草が落ちてますが。

こうしてジャガイモとしばらく向き合ったお陰で、他所の畑を通り過ぎても、

あ!ジャガイモが植わってる、

と認識できるようになった。

ろくに水をやらなくてもスクスク育ってくれるので、ジャガイモは楽でいいや。

でもたくさん収穫できたら、毎日肉じゃがとカレーが続きそう。

一応、自家消費目的の家庭菜園なんで。

d0375829_14582875.jpeg
隣のエダマメを植えようと思っている畝。

レーキというホウキみたいな道具を使えば、土の表面が平らになるんだね。

知らなかった。

前に作った畝は表面がボコボコなので、その上からマルチを張ったら凸凹がたくさんできて、雨が降ったら水溜りがいっぱいできてしまった。

畝一列、全部エダマメ。

気持ちいいだろうな、と思って借りた畑。

でも、失敗したらその分の損失も大きいねぇ。

d0375829_15045512.jpeg
畑にばっかり夢中になってたら、
庭の木がいつのまにか茂って、緑のトンネル状態になってしまった。

真っ直ぐ立って歩こうと思ったら、垂れ下がってる枝に顔が当たるので、何度も頭を下げなければならない。

謙遜でいいけど、豊臣秀吉にそういう所を通らせた千利休がその後で切腹してるので、
やはり多少は剪定した方が良さそうかも。

d0375829_15093807.jpeg
この剪定枝を土の下に埋めれば庭の土壌改良になるので、このまま捨てないでとっとく。

d0375829_15123529.jpeg
赤いミツバツツジ。
買った時は別の名前で呼ばれてたよ。
なんて言ったかな。

風が吹くのが止まった瞬間にピントを合わせ、パシャ!

[PR]
by agricody | 2018-04-21 14:53 | 夏野菜 | Comments(0)