週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

庭木と畑

d0375829_07293419.jpeg
月曜日から降り続いた雨がようやくあがったようだ。
5月だというのに、上着を羽織って部屋の中ではストーブを再び出してきて暖を取りたくなるくらい寒い。

お陰で畑の水遣りはせずに済むので、
朝はゆっくり寝ていられる。

庭に咲いているエゴの木。
雨が降る前に撮ったものなので、花弁がたくさんついてるけど、この雨でだいぶ散ってしまったかな。

新緑が芽生えるにつれて、枝も伸びてきて、庭の通路が狭くなる一方で、陽射しは遮ってくれるので、木の下にいると涼しいんです。

木は野菜と違って放っておいても育ってくれるから楽でいいです。植えるまでは腐葉土をいっぱい混ぜたり、土作りさえしっかりやれば、後はそんなに手がかからない。

庭造りを始めた時に気付いたのが、畑の野菜と庭木とでは、土作りに必要なものが全く違うということです。

でも、両者に共通する点は、土の状態が生育にとって欠かせない、ということ。

そして、土壌改良には時間がかかる、ということです。

とはいえ、庭木も放ったらかしにしていいというわけではないので、雨が完全にあがったら、また世話してあげなきゃですね。

[PR]
by agricody | 2018-05-09 07:28 | 雑木の庭 | Comments(0)