週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

秋野菜に向けた土作り

d0375829_13590902.jpeg
先月までは畑一面、雑草で覆われてしまっていたのに、
実家から遊びに来ていた姉が草引きを手伝ってくれたこともあって、

あっという間に草がなくなり、
雑草が生えてるのは唯一スイカ畑だけになった。

毎日、革靴履いて出勤しないといけない身分ですと、なかなか作業が追いつきませんので、
特に真夏は朝早くから起きて作業しないといけないので、助かりました。

秋野菜を植えるため、
そろそろ堆肥をすき込まねば。

種まき時期から逆算すると、今から土作りしなきゃ。

スケジュール管理をするのは、普段から仕事でもやってることなので、
カレンダーを見ながら作業時期を考えるのはむしろ得意な方です。

といっても、肝心な堆肥をどれだけ撒けばいいのか、僕らには見当がつかないんですよね。

隣で師匠のMさんが撒いてるのを見ると、
畳4枚くらいで一袋分撒いてるようで、
堆肥を撒いた後の土が明らかに肥えてるように見える。

そんなに撒くのか!

僕の方は、明らかに土が痩せてる。
堆肥が足りないんだろうね。

それでも、堆肥を撒いて耕運機で耕やすと、
土がホクホクになるきがして、結構楽しいんですよね。

[PR]
by agricody | 2018-08-12 13:58 | 土作り | Comments(0)