週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 09日 ( 1 )

ニンジンの種蒔き

d0375829_20550755.jpeg
連日の雨予報といっても、
雨がずっと降り続けるはずがない。

チャンスは必ずある、と思い、
雨が止んだ隙を狙って畑に出る。

もうすっかり空は秋。ビール売り場にも秋味という名前のビールが並び始めた。

d0375829_20584411.jpeg
先日立てておいた畝に、支柱で溝を作り、
ニンジンの種を植える。

何メートルも溝を作る場合は道具を使うと、
真っ直ぐに、簡単に溝ができる。

d0375829_21004478.jpeg
問題はここからだ。

こんな小さい、からしだねのような粒を、
1センチ間隔で撒くのは相当骨が折れる。

これこそパソコンなら一括処理で、エンターキー押すだけで済ませたくなるが、農はそうはいかない。

全て手処理。

途中で風に吹かれて種が飛んで溢れたりすると、
あー!

もう気が遠くなるようなところ、
根気よく、必ず美味い野菜を作ったるぞ!

と気力で乗り切る。

後で腰が痛くなるのは目に見えてますけどね。


d0375829_21072663.jpeg
隣はダイコンの畝。

後は予報通り雨が降れば、
水遣り毎日しなくても土が湿っぽいので良いが。
念のため乾燥防止のため軽く籾殻をかけておく。

ニンジンは芽が出さえすれば、半分成功したようなもん、
というけれど、本当にそうかなぁ。

からしだねのような信仰が山をも動かす、というけど、
僕には経験がないのでそんな確信は持てない。

教科書通りにやってみて、上手くいかなければそれまでだ。
諦めるしかないですね。

[PR]
by agricody | 2018-09-09 20:54 | 秋野菜 | Comments(2)