週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:土作り( 7 )

初めての防虫ネット

d0375829_21402059.jpeg
いつも通り掛かる度に、
すげぇなぁ、とスケールの大きさに圧倒されながら、

今回は何作ってるのかなぁ、と横目に見ながら自分の畑へと向かいます。

d0375829_21425917.jpeg
今日作った畝。
やっとこさ一列作ったけど、これがなかなかの重労働なんですよね。

腰が、いたーー。

女は産みの苦しみを、男は労苦を。
人が神に背を向け、罪の結果として与えられたもの。

畑を耕さないと作物は得られません。

d0375829_21461996.jpeg

の長雨で、ずっと畑作業が遅れ遅れになっていたので、今日ようやく雨が止んで鍬を振るうことができた。

でも、土が完全に乾いてないので、
耕す土が重くて、長靴の底にもくっつく。

畝の土をよく見ると、
大きい粒の塊になっていて、

団粒塊っていうんですかね、

土が肥えてくると塊になるっていうから、
そこそこ良い土になってきたのだろうか。

d0375829_21493842.jpeg
初めて設置した防虫ネット。
こんな感じでいいんかいな。

弛んでるとこも多少はあるだろうけど、
まぁ、ええやろ。

でも、設置した側から、
中に蝿がブンブン飛んでるみたい。
これじゃ虫カゴを設置しただけじゃないか。

白菜、ブロッコリー、キャベツ、
と植えた野菜がそもそも虫付き前提の野菜なので、
これも仕方がない。

まぁ、食べるのが自分なので、
農薬だけは使いたくないし。

d0375829_21534512.jpeg
ふと、西の空を見上げると、
鰯雲がキレイだった。

秋の空、変わりやすいのは女性の心と同じ。
明日は晴れるみたいだね。

[PR]
by agricody | 2018-09-22 21:39 | 土作り | Comments(0)

畑仕事も夏休み?

d0375829_20440275.jpeg
秋野菜の準備を済ませてから、
約半月が経過。

そろそろ土はホクホクになったかなぁ。

堆肥を混ぜてからすぐに植えられないから、
しばらくは畑に行っても草むしり以外の作業があまりなくて、

実質、畑仕事も夏休みというわけだ。

d0375829_20481797.jpeg
その間、ほとんど何もしなくても育つサツマイモだけが、すくすくと育っているので、
畝からはみ出したツルを元に戻してあげたら、土寄せして畝を直してあげる。

d0375829_20493658.jpeg
まだしぶとく栽培中のスイカ。

あんた達のおかげで、ここら辺だけは草が生えっぱなしだよ。
ちゃんと責任とってなー。


[PR]
by agricody | 2018-08-29 20:43 | 土作り | Comments(0)

秋野菜の準備

d0375829_20462348.jpeg
カッパーーーん!

こんなに大きな穴が!
そして、中には蟻さん達が餌をゲットしにきてた。

ネットが届かなくて、仕方なく剥き出しのまま我慢してもらってたのが、見事に犠牲になりました。

虎視眈々と狙ってたな、カラスさん。

d0375829_20501748.jpeg
こっちのネット掛けした大玉ラグビーさん達は無事でした。周りは雑草だらけなので、スイカが埋もれてることすら気が付かなかったんでしょ。

d0375829_21010949.jpeg
勤め人ですと、こんだけの面積をメンテするの、結構骨折れますわぁ。

けど、このお盆の時期にちょっとだけ休みとって、なんとか秋野菜植える準備もできたし。

d0375829_21030198.jpeg
さぁて、種を買いに行くと、ずらーっとこんなに!

何植えようか考えるだけでテンションあがります。

ジーッと裏の説明を見ながら選んでる農家さんもいれば、

僕みたいに適当に選ぶ人も。

d0375829_21053917.jpeg
土作りしながら植える野菜は考えてましたがな。

無農薬スプレーも一緒にこうにゅ。


[PR]
by agricody | 2018-08-17 20:46 | 土作り | Comments(0)

秋野菜に向けた土作り

d0375829_13590902.jpeg
先月までは畑一面、雑草で覆われてしまっていたのに、
実家から遊びに来ていた姉が草引きを手伝ってくれたこともあって、

あっという間に草がなくなり、
雑草が生えてるのは唯一スイカ畑だけになった。

毎日、革靴履いて出勤しないといけない身分ですと、なかなか作業が追いつきませんので、
特に真夏は朝早くから起きて作業しないといけないので、助かりました。

秋野菜を植えるため、
そろそろ堆肥をすき込まねば。

種まき時期から逆算すると、今から土作りしなきゃ。

スケジュール管理をするのは、普段から仕事でもやってることなので、
カレンダーを見ながら作業時期を考えるのはむしろ得意な方です。

といっても、肝心な堆肥をどれだけ撒けばいいのか、僕らには見当がつかないんですよね。

隣で師匠のMさんが撒いてるのを見ると、
畳4枚くらいで一袋分撒いてるようで、
堆肥を撒いた後の土が明らかに肥えてるように見える。

そんなに撒くのか!

僕の方は、明らかに土が痩せてる。
堆肥が足りないんだろうね。

それでも、堆肥を撒いて耕運機で耕やすと、
土がホクホクになるきがして、結構楽しいんですよね。

[PR]
by agricody | 2018-08-12 13:58 | 土作り | Comments(0)

畑に撒く肥料と堆肥はどれだけ必要なの?

d0375829_20232282.jpeg
ジャガイモには石灰は要らないよ、
と言うので、
ジャガイモの植え付けが一通り終わった後、
今度は他の野菜を植える場所に有機石灰を全面に施肥。

d0375829_20290615.jpeg
そして更に一週間が経った今日、
行きつけの肥料屋のMさんの所は行き、
もみがら発酵堆肥をとりあえず40リットル買った。

教科書通りだと、石灰を撒いた後
2週間は開けた方がいいらしいんだけど、
有機石灰なら堆肥と肥料も同時に撒いてもいいよ、というので、そのまま家に帰らず畑へ直行。

それから、施肥をし始めて気付いたのだけど、
自分の畑の広さの割に、購入した堆肥の量が少なすぎるじゃありませんか。

大袋で買ったのに、あれ?
数メートル先まで施した所でなくなっちゃった。

仕方ないのでもう一回Mさんの所へ戻ってもう一袋買った。

もう在庫はこれで終わりだよ、と言われながら、
残りを撒いたのだけど、
いまいち畑の面積に対してどれだけの肥料と堆肥が必要なのか、見当が付かないんですよね。

そりゃそうだ。
今まで2坪かそこらの狭い畑しか使ってなかったんですから。

突然大海原に出て右も左も分からなくなってしまったアヒルの子のような気持ちになりましたよ。

d0375829_20451692.jpeg
こんなに広いんじゃ、縦3列分の畝作るだけで、肥料代と堆肥も相当の費用がかかりそうだ。

これで全然収穫出来なかったら勿体ないどす。
お小遣いの範囲でやってるのにね。

[PR]
by agricody | 2018-03-24 20:22 | 土作り | Comments(0)

焼き畑と耕耘機

d0375829_21013366.jpg
1週間が経ち、再び土を耕してみると、
土の塊の間からミミズが出てきた。

僕が鍬一本で耕しているあいだに、
隣近所の畑のおじさん達とお知り合いになり、
ここの畑は良い土だよ、と。

「ほら、踏んだだけで柔らかいでしょ。うちの畑なんて石ゴロゴロだよ。」

確かに、僕が耕している畑には、ほとんど石がでてこない(たまに小さいのが見つかるくらい)。

d0375829_21082454.jpg
そのうち、バーナーまで持って来てくれて、
畑全体を敷き藁のように覆っていた雑草の枯れ草まで焼き始めてくれた。

しばらく耕していないと、雑草の種がたくさん落ちて、
このままお彼岸を過ぎると、たくさん雑草の芽が出だし、大変なことになるよ、と。

d0375829_21130474.jpg
それなら、と思い、
近くのホームセンターで草焼きバーナーと、レーキを買ってきた。

これで焼けばいいんだ、と思い、
自分で火をつけてみたら、見る見るうちに燃え広がっていくので、
どうしよう、と思って、慌ててホースを伸ばしてこようと思ったら、
置いてあるホースは消防士さんが使いそうな、本格的な農業用のホースなので、
バルブにどうやって設置すればいいか分からない。

なので、とりあえず足で踏みつけて火を消した。

その後、しばらくして、今度は肥料屋のMさんが夕方近くになってやってきて、
あっという間に畑全体を焼いてくれた。
d0375829_21203714.jpg
と、こんな感じです。
隣にビニールハウスがあるので、大丈夫かな、と心配になったのですが、
枯れ草がなくなった時点で火は勝手に消えてくれるみたいです。
d0375829_21244837.jpg
焼き畑が終わると、
今度は、「耕耘機は使うかね?」

と言って、ビニールハウスの中から出してきて、耕耘機まで貸してくれた。

今まで、鍬一本で必死に耕してたのが、いったい何だったのだろう。

最初はなかなか真っすぐ進まなかったりと、
操作に慣れなかったけど、あっという間に端から端まで耕せた。

「このまま全部伐っといてね。」

ん?これ全部?

「周りに生えてる雑草も刈っといてね。」

あ、そうか。ここの使用を任された、ということは、
荒れ地にならないように、雑草のメンテナンスもする、ってことだよね。

d0375829_21314868.jpg
Mさんが帰ってから、息子のジョーと一緒にもうしばらく耕してるうちに、
半分程耕したところでガソリンが切れて耕耘機が止まってしまった。

Mさんが「ガソリンなくなったら給油しといてね」
と言い残していったのだけど、

ガソリンって、軽油じゃなくてレギュラーですか?
と、思わず聞き返してしまった。

僕のスバルレガシーのように、ハイオクじゃないだけ助かった。

でも、どうやって耕耘機に給油するんだろう、と思い、
その晩、実家の父に相談してみたところ、
「よく赤い色をした鉄製のガソリンタンクが売ってるだろう。
あれに入れて買ってくればいいんだ」と。

なるほど、昔、僕がまだホームセンターで勤めていた頃、
よくフォークリフトが燃料切れになると、灯油のポリタンクに軽油を入れて買ってきたけど、あれはまずいんだね。

d0375829_21441936.jpg
ところで、最初は何植えるのかって?
3月というと、ちょうどジャガイモの時期なんだそうだ。

とりあえず、メークインと男爵の種イモを1キロずつ、合計2キロ買ってきた。

そのことを父に話すと、「ええ?たったの2キロだけ?」

え、少な過ぎたかな?

d0375829_21442680.jpg
d0375829_22103903.jpg

一個120gくらいある大きいのもあったので、
3等分に切ったりして、1個だいたい40gずつくらいにすると、
合計20〜30個くらいの種イモができた。

畑の面積全部使うわけじゃないけどね。

勤め人が週末に家庭菜園でやれるのは、まあ50坪が限度だよ、
と隣の畑のおじさんも言っていたし、

まあ、ちょっとがんばっても、この畑の3分の一くらいが限界かな。

[PR]
by agricody | 2018-03-03 22:20 | 土作り | Comments(2)

ここから始まる、僕の農夫ライフ

d0375829_20591421.jpg



















え?こんなに広いところを使っていいんですか?

時々、肥料を購入している肥料屋のMさんに紹介してもらい、
空いている農地を案内してもらった。

200〜300坪くらいはあるだろうか。

僕の農夫ライフの第一歩は、ここから始まるんだ。

「まあ、最初は5mぐらいから、少しずつやっていきなさい」、とMさん。

そりゃ、僕のツルハシ一本で、こんなに広いところを耕してたら、
いったい何日かかるんだろう。

耕耘機も貸してくれるようなことを言ってたけど、
まずは、自分の使い慣れた農具で耕してみた。

d0375829_20591459.jpg



















1時間半ぐらいかけて、とりあえず堅くなった土を掘り返してみた。

これで奥行き5mぐらいかな。
今日はこのぐらいにしておかないと、明日から腰痛間違いなし。

これだけ広いと、
一畝に全部キュウリとか、
隣はピーマンの畝が何列で何メートル、とかいうレベルになる。

そうなったら気持ちいいだろうな。

我が家の庭にある畳3枚分の畑とは訳が違う。
狭い畑の限られたスペースに何を植えようかと悩む必要はないんだ。

とはいえ、規模が大きくなれば、かかる費用も増え、
失敗した時のロスも大きいだろうな。

まあ、こんな広い敷地全部使ってしまったら、
勤め先の人事課さんへ副業のお許しを請うことになるので、
自家消費分だけを作るなら、敷地の3分の1以下でも多すぎるぐらいだ。

これから週末農夫コーディーが、
ちょっとずつ鍬を振るっていきますので、どうか見守りください。

これまで綴っていた「コーディーの浜松ライフ」から、
新しくエクサイトブログへ転身しました。
慣れないブログサイトなので、とりあえず第1回目の投稿はこんなところで。

これからどうぞ引き続き応援願います。



[PR]
by agricody | 2018-02-24 21:46 | 土作り | Comments(2)