週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イチゴのコンパニオンプランツ

d0375829_20165417.jpeg
庭の畑に去年から植えてあったイチゴが、
無事に冬越えし、
ついに、花を咲かせていました。

小さな畑だけど、
僕はここで今までいろんな野菜を作って楽しんだもんです。
イチゴはちょっとハードルが高かったのだけど、キュウリを植えてあったとこなので、その後リレー栽培するのにオススメなのが、ニンニク。
ニンニクと混植するのに良いのがイチゴだ、
というので、
必然的にニンニクとイチゴを植えることになったんです。

ハウス栽培ではないので、本格的に熱くなってくるこれからが旬の果物。

いつもイチゴをスーパーで買うのは冬から春にかけてのことが多いので、
子供達が寒い時期に食べる果物と勘違いしないためにも、イチゴを育てることでイチゴが初夏の果物だってことを覚えさせるのもいいかな、と。
イチゴ狩りに行くと、いつもハウスの中って蒸し暑いでしょ?

娘のリカちゃんが楽しみにしてると思うので、
たくさんなるといいな。

d0375829_20310454.jpeg
イチゴの虫除けに効くというので植えたコリアンダー。
アブラムシやハダニを遠ざけてくれるんだそうです。

最近暖かくなってから、こんなにワサワサ伸びてきて、、、
出店するなら売れそうな野菜だけど、どんな料理に使えばいいか悩んでしまう。

トムヤンクン?フォー?
自宅でそんなお洒落なアジア料理は普段なかなかしょっちゅうは作れませんね。

でも、独特の香りが僕は大好きなんで、
ルッコラと一緒にサラダとして食べても美味しいし、
刻んで薬味としてスープに入れても良いかも。

たくさん生えてるので、どなたかうちに立ち寄った際には、ぜひ摘んでって下さいな。

[PR]
by agricody | 2018-03-31 20:16 | コンパニオンプランツ | Comments(0)

4月10日オープン予定のスターバックス浜松城公園店

d0375829_20031061.jpeg
夕方の帰り道、去年もちょうど同じところで、
桜が咲いている時期に撮った気がする。

でも今年は2週間くらい早いみたいだ。

d0375829_20054737.jpeg
浜松城公園の桜も綺麗だけど、
桜の木に沿ってボンボリがつる下げられている所が多く、
日が暮れて来ると花見客がビールをたくさん買い込んでやってくる。

d0375829_20141332.jpeg
4月10日オープン予定のスターバックス浜松城公園店。

d0375829_20151630.jpeg
もうじき完成だね。

d0375829_20163986.jpeg
元々は林の中だったので、
半年前に建設工事が始まった頃は、
どれだけ木が倒されるのかと心配したけど、
思った程木は倒されてなくて、
お店の建物が雑木林の中にそのまま建っているみたいに感じる。

ウッドデッキの真ん中には、元々立っていた木がそのまま残されていて、
公園内の木々をお店の雰囲気作りに最大限活かしていることが分かる。

オープンが楽しみだけど、混むだろうなぁ。

[PR]
by agricody | 2018-03-28 20:02 | 雑木の庭 | Comments(0)

畑に撒く肥料と堆肥はどれだけ必要なの?

d0375829_20232282.jpeg
ジャガイモには石灰は要らないよ、
と言うので、
ジャガイモの植え付けが一通り終わった後、
今度は他の野菜を植える場所に有機石灰を全面に施肥。

d0375829_20290615.jpeg
そして更に一週間が経った今日、
行きつけの肥料屋のMさんの所は行き、
もみがら発酵堆肥をとりあえず40リットル買った。

教科書通りだと、石灰を撒いた後
2週間は開けた方がいいらしいんだけど、
有機石灰なら堆肥と肥料も同時に撒いてもいいよ、というので、そのまま家に帰らず畑へ直行。

それから、施肥をし始めて気付いたのだけど、
自分の畑の広さの割に、購入した堆肥の量が少なすぎるじゃありませんか。

大袋で買ったのに、あれ?
数メートル先まで施した所でなくなっちゃった。

仕方ないのでもう一回Mさんの所へ戻ってもう一袋買った。

もう在庫はこれで終わりだよ、と言われながら、
残りを撒いたのだけど、
いまいち畑の面積に対してどれだけの肥料と堆肥が必要なのか、見当が付かないんですよね。

そりゃそうだ。
今まで2坪かそこらの狭い畑しか使ってなかったんですから。

突然大海原に出て右も左も分からなくなってしまったアヒルの子のような気持ちになりましたよ。

d0375829_20451692.jpeg
こんなに広いんじゃ、縦3列分の畝作るだけで、肥料代と堆肥も相当の費用がかかりそうだ。

これで全然収穫出来なかったら勿体ないどす。
お小遣いの範囲でやってるのにね。

[PR]
by agricody | 2018-03-24 20:22 | 土作り | Comments(0)

家族サービスで浜名湖パルパルへ

d0375829_21305830.jpeg
毎週末のたびに畑に行っては農夫やってたら、
家族に呆れられてしまいますからね。

そんなわけで、今日は自宅から車で10分くらいのところにある浜名湖パルパルへ。

娘のリカちゃんが、半年くらい前から行きたがってたので、その思いに応えてあげるためにも。

d0375829_21343446.jpeg
よし、それじゃあ好きな乗り物に、乗ってこい!
と言っておいて、お父さんはベンチに座ってゆっくりコーヒーでも、
というサンデーパパの目論見は見破られ、
空中ブランコだの、パイレーツだの、
よりによって宙に浮いたり回ったりする、
およそ乗り物酔いしそうなのばかり、
一緒に乗る羽目に。

うちの奥さんと子供達がここではとっても勇敢に思えてくる。

d0375829_21482000.jpeg
d0375829_21485243.jpeg
d0375829_21491712.jpeg
畑で鍬を振るってるか、写真を撮ってる方が僕にとっては気が安らぎます。

観覧車の中から見える景色はなかなかのもので、窓ガラス越しに、別の角度の景色まで反射して写りますが、舘山寺の広報写真はここから撮ってたのか、とか考えつつ、360度景色が楽しめました。

ちなみにここの観覧車の真下には、大河ドラマの直虎で
舞台になった、堀江城の曲輪跡もありました。

[PR]
by agricody | 2018-03-17 21:29 | 家族サービス | Comments(0)

ジャガイモ植え付け体験

d0375829_21271302.jpeg
先週につづけて、
もう2キロ買い足した種イモ。

二階の窓辺に置いていたら、4、5日で芽が出てきた。

今日は息子のジョーが午前中だけで学校から帰ってくるというので、仕方なく仕事をお休みすることにした。
いや、休まなくてはいけなかったんです。

d0375829_21314448.jpeg
娘のリカちゃんも保育園には行かず、
服装は、どうしてもこれが良いと言ってえらんだ余所行きのロイヤルファミリー風の格好で、畑に来てくれました。

リカ様、本日のご公務は、ジャガイモの植え付け体験でございます。

畑で長時間持つかなぁ、と心配しましたが、
最初は自分のスコップとバケツで砂遊びしていたところ、途中で飽きてからは、
僕が作った畝の上を歩き始め、しまいにはジャンプしながら畝を一列完走。

d0375829_21395447.jpeg
やれやれ。
これもご公務ですから。

ちょうど少し崩れた畝の谷間に今度は堆肥と肥料を施肥。

Mさんから買った籾殻発酵堆肥とボカシ肥を、
リカ様も一緒に施肥していただき、

d0375829_21421042.jpeg
最後は種イモを植え付けるところまで、ご体験されました。

d0375829_21501890.jpeg
種イモは30センチ間隔で植えるのに、ちょうど良くご持参頂いたスコップが間隔を測るのに使えたため、活用させていただきました。

お陰で植え付けが出来たけど、
せっかくの綺麗な服が土で汚れてしまったのではないかな。


[PR]
by agricody | 2018-03-15 21:22 | 植え付け | Comments(0)

ジャガイモの植え付け

d0375829_20384868.jpeg
耕運機にガソリンを給油するって、
いったいどうやるんだろう。

と、初心者にはそんな素朴な疑問が浮上してきますが、ガソリン携行缶ってのがあれば、畑で給油できるんですね。

セルフスタンドで自分で給油してはいけないそうなので、わざわざ人がいる所まで行って買ってきました。

一応、僕も有効期限切れの危険物取扱免許を持ってますが、やっぱ自分で入れちゃダメですかね。

d0375829_20454825.jpeg
先週の続きで、残り半分も、
耕運機を使ってと。

隣の畑のおじさんが、
最初僕が手で耕そうとしてたのを知ってて、
今日になって耕運機(管理機ともいう)を使ってるとこを見て安心したようでした。

ついでにジャガイモの植え方とか
連作障害の対象方法とか、色々教えてくれたのだけど、
農家の人たちって、何も知らない僕みたいなのを見ると、色々と構ってくれるんですね。

このまま素直に言う事聞いてれば、本当にちゃんと野菜が出来そうな気がしてきますね。

d0375829_21005738.jpeg
一週間かけて干した種イモ、
カビて黒くなってしまったのだけど、
これでも大丈夫ですかね?
って聞くと、
だいじょーぶ、だいじょーぶ、そう言うもんだよ、と。

そう言ってもらうまでは、
もう種イモが腐ってるのかと思いましたよ。

d0375829_21043088.jpeg
それにしても、畝一列って、
こんなに長いんですね。
ジャガイモ2キロ植えるのに、15mの畝を作るだけでも、結構骨折れる。

ふう、やっと畝一列。
それも敷地の半分の長さしか使ってない。

農地の端が、永遠と遠く感じます。

[PR]
by agricody | 2018-03-10 20:38 | 植え付け | Comments(0)

クリスマスローズ

d0375829_22252666.jpeg
週明けの朝一番、
雨が降った後の庭をよく見ると、白いクリスマスローズが咲いていました。

月曜日の憂鬱な気持ちになってる時に、
出勤ブルーの僕を慰めてくれるのにちょうどいい発見でした。

娘のリカちゃんは、何故か朝から保育園に行きたくなくて、
三輪車を蹴飛ばすほどのご乱心でしたが。
そもそも曜日感覚すら怪しいので、今日も土曜か日曜だと思ったのでしょうね。

ところで、クリスマスローズという名前、
もうじきイースター(今年は4月1日)なのに、なんでクリスマスなんだろう。

そう思って調べてみると、

貧しい羊飼いの女の子マデロンが、
キリストがお生まれになったお祝いに贈るものがなくて、困って泣いていたところ、涙が土に落ちてバラのような花が咲いたので、それを摘んで赤子のイエスに贈った、

という言い伝えがあるそうです。

クリスマスの時期に咲くバラのような花、
だそうです。

日本ではもうすぐイースターだけどね。

花言葉では、慰め、という意味もあるんだとか。

ブルーマンデーのリカちゃんにあげれば良かったかな。


[PR]
by agricody | 2018-03-05 22:22 | | Comments(0)

焼き畑と耕耘機

d0375829_21013366.jpg
1週間が経ち、再び土を耕してみると、
土の塊の間からミミズが出てきた。

僕が鍬一本で耕しているあいだに、
隣近所の畑のおじさん達とお知り合いになり、
ここの畑は良い土だよ、と。

「ほら、踏んだだけで柔らかいでしょ。うちの畑なんて石ゴロゴロだよ。」

確かに、僕が耕している畑には、ほとんど石がでてこない(たまに小さいのが見つかるくらい)。

d0375829_21082454.jpg
そのうち、バーナーまで持って来てくれて、
畑全体を敷き藁のように覆っていた雑草の枯れ草まで焼き始めてくれた。

しばらく耕していないと、雑草の種がたくさん落ちて、
このままお彼岸を過ぎると、たくさん雑草の芽が出だし、大変なことになるよ、と。

d0375829_21130474.jpg
それなら、と思い、
近くのホームセンターで草焼きバーナーと、レーキを買ってきた。

これで焼けばいいんだ、と思い、
自分で火をつけてみたら、見る見るうちに燃え広がっていくので、
どうしよう、と思って、慌ててホースを伸ばしてこようと思ったら、
置いてあるホースは消防士さんが使いそうな、本格的な農業用のホースなので、
バルブにどうやって設置すればいいか分からない。

なので、とりあえず足で踏みつけて火を消した。

その後、しばらくして、今度は肥料屋のMさんが夕方近くになってやってきて、
あっという間に畑全体を焼いてくれた。
d0375829_21203714.jpg
と、こんな感じです。
隣にビニールハウスがあるので、大丈夫かな、と心配になったのですが、
枯れ草がなくなった時点で火は勝手に消えてくれるみたいです。
d0375829_21244837.jpg
焼き畑が終わると、
今度は、「耕耘機は使うかね?」

と言って、ビニールハウスの中から出してきて、耕耘機まで貸してくれた。

今まで、鍬一本で必死に耕してたのが、いったい何だったのだろう。

最初はなかなか真っすぐ進まなかったりと、
操作に慣れなかったけど、あっという間に端から端まで耕せた。

「このまま全部伐っといてね。」

ん?これ全部?

「周りに生えてる雑草も刈っといてね。」

あ、そうか。ここの使用を任された、ということは、
荒れ地にならないように、雑草のメンテナンスもする、ってことだよね。

d0375829_21314868.jpg
Mさんが帰ってから、息子のジョーと一緒にもうしばらく耕してるうちに、
半分程耕したところでガソリンが切れて耕耘機が止まってしまった。

Mさんが「ガソリンなくなったら給油しといてね」
と言い残していったのだけど、

ガソリンって、軽油じゃなくてレギュラーですか?
と、思わず聞き返してしまった。

僕のスバルレガシーのように、ハイオクじゃないだけ助かった。

でも、どうやって耕耘機に給油するんだろう、と思い、
その晩、実家の父に相談してみたところ、
「よく赤い色をした鉄製のガソリンタンクが売ってるだろう。
あれに入れて買ってくればいいんだ」と。

なるほど、昔、僕がまだホームセンターで勤めていた頃、
よくフォークリフトが燃料切れになると、灯油のポリタンクに軽油を入れて買ってきたけど、あれはまずいんだね。

d0375829_21441936.jpg
ところで、最初は何植えるのかって?
3月というと、ちょうどジャガイモの時期なんだそうだ。

とりあえず、メークインと男爵の種イモを1キロずつ、合計2キロ買ってきた。

そのことを父に話すと、「ええ?たったの2キロだけ?」

え、少な過ぎたかな?

d0375829_21442680.jpg
d0375829_22103903.jpg

一個120gくらいある大きいのもあったので、
3等分に切ったりして、1個だいたい40gずつくらいにすると、
合計20〜30個くらいの種イモができた。

畑の面積全部使うわけじゃないけどね。

勤め人が週末に家庭菜園でやれるのは、まあ50坪が限度だよ、
と隣の畑のおじさんも言っていたし、

まあ、ちょっとがんばっても、この畑の3分の一くらいが限界かな。

[PR]
by agricody | 2018-03-03 22:20 | 土作り | Comments(2)