週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

芽が出ないホウレンソウ

d0375829_20001241.jpeg
カブは種を蒔いただね芽が出て、
どんどん成長してくので、後で間引くのが大変なくらい。
d0375829_20080301.jpeg
でも、ほうれん草は何故かちっとも芽が出ない。
3週間くらい経っても芽が出なかったので、
新しい種を水につけて冷蔵庫で冷やしてから蒔き直してみたが、やはりめは出てこない。

諦めよう。

d0375829_20034277.jpeg
その代わり、台風が過ぎた後で蒔き直した水菜が、
気付いたらこんなに大きくなってました。

我が家では、サラダによく食べるし、
お鍋にも使えるので、これからの時期には助かるなぁ。

[PR]
by agricody | 2018-11-28 19:59 | 秋野菜 | Comments(0)

リカ、5歳。バースデーケーキの火を消すよ。

d0375829_23092644.jpeg
今日は、娘のリカちゃんの、
5歳の誕生日だったので、

革靴から長靴に履き替え、ではなく、
リカちゃんのために休みをもらいました。

朝はスバルのディーラーへ半年点検へ、
リカちゃんと、うちの奥さんとで、
3人でショールームのキッズスペースでゆったり寛ぎ、

午後から少しだけ畑仕事をし、

夜は誕生日パーティーを。

毎年撮っているバースデーケーキの火を、
ふー、と吹き消す

ロウソク5本、
うちの奥さんお手製の大きなケーキに。

毎年一本ずつ増えてくよ。

[PR]
by agricody | 2018-11-22 23:09 | 家族サービス | Comments(4)

タマネギ苗のマルチ張り

d0375829_14094293.jpeg
マルチ張り。

なんとかやり遂げたけど、
こんなに穴が開いてても、全部植えるの???
って感じです。

タマネギの苗、一本ずつ差し込んでいくのに、
どんだけ時間がかかるのだろう。
気が遠くなりそう。

そもそもどれだけの苗が必要なのか、
検討もつかない。

エクセルとか使って一括処理できたら楽なんだけどな。
なんていう甘い考えは農には通用しません。

[PR]
by agricody | 2018-11-13 06:00 | 植え付け | Comments(2)

秋野菜が採れ放題

d0375829_13312705.jpeg
先週後半に降った雨のおかげで、
一気に成長したカブと春菊。

ホースで潅水だけじゃなく、時には雨も必要だね。

d0375829_13332846.jpeg
台風被害とか、なんだかんだ言って、
結局ここまで大きくなったカブが、
今は採れ放題。

d0375829_13343692.jpeg
車にどっさり積んでお持ち帰りです。

d0375829_13350783.jpeg
カブだけでこんなにあるよ。

d0375829_13355607.jpeg
春菊はお鍋に一気に放り込めば大量消費できる。
秋野菜がとれる頃になると、
収穫で忙しくなる反面、日が短くなるので、
長靴に履き替えて畑に出る時間も限られてくる。

それでも週末農夫を選んだのだから、
諦めません。

野菜を持ち帰って、奥さんの笑顔を取り戻そう!

[PR]
by agricody | 2018-11-12 13:31 | 収穫 | Comments(0)

大学イモ

d0375829_07264612.jpeg
うちの奥さんに作ってもらった大学イモ。

ホクホク、甘くて、
メチャ美味かったぁ!

大きくて、ボリュームあって、

大学イモやフライにする場合は、
紅あずまを使うと
サクッと美味しく揚がるので向いてるとか。

d0375829_07302328.jpeg
d0375829_07303974.jpeg
先月末に採りきった、最後のサツマイモ。
これだけジャンボサイズのは、今まで見たことがない。

農協の規格をはるかに上回るサイズということで、
出荷もできないだろうから、
スーパーで見ることはない。

[PR]
by agricody | 2018-11-10 07:26 | サツマイモ | Comments(0)

伊勢の巨木

d0375829_22181233.jpeg

d0375829_22183213.jpeg

d0375829_22190990.jpeg

バスに乗って、はるばる伊勢まで行ったところ、
伊勢志摩国立公園と称されるこの神宮。

大半の人が前を見てひたすら歩いてるかと思いきや、
樹齢何百年という巨木を見て、思わず抱きつく人もいました。

何年も倒されず、ここに生えてる木だけは大切に残されてきたせいでしょうか。

僕らの住む身近な生活空間にも、元々生えていたはずなのに、何故か居住空間にあっては愛されずに倒されたり、枝を強く刈り込まれ、見窄らしい姿になっている木をよく見かけます。

でも、ここまでわざわざ参拝しにくる人が多い、ということは、
木に囲まれた空間に魅力を感じる人が多いからなんでしようね。

[PR]
by agricody | 2018-11-09 22:17 | 雑木の庭 | Comments(0)