人気ブログランキング |

週末農夫コーディーのイケてる鍬の振るい方

agricody.exblog.jp
ブログトップ

タグ:土壌改良 ( 9 ) タグの人気記事

夏野菜に向けて土作り

d0375829_17552292.jpeg
4月も半ば、
夏野菜の苗がお店にたくさん並んでるのを見ると、
早く植えたくなってしまうけど、
その前に土の準備を整えなくちゃ。

コンポストで作った堆肥を全部撒き、ついでに精米所からもらってきた米ぬかも撒き、
耕運機ですき込んで、土をフカフカにしてく。

d0375829_18000348.jpeg
ガー、ガー、
この瞬間が結構楽しいのだけど、
耕運機は借り物だから、使ってる途中に壊れないかが心配。

この作業を済ませたら、あとはゴールデンウィークまで、もう2週間寝かせてと。

d0375829_18032661.jpeg
ジャガイモの芽がこんなに出てきたよ。
春から夏に向かって季節が変わってく感じがするね。

来週末には土寄せをしなくては。

by agricody | 2019-04-14 17:54 | 土作り | Comments(0)

冬野菜の片付け

d0375829_19551297.jpeg
水菜の菜の花畑。
写真映えするし、このまま残しとけば種ができる、

と思っていたのだけど、
種を採るのに、あと何週間待てばいいの、
と思って、ついに全部引っこ抜くことにした。

d0375829_19570507.jpeg
こちらはルッコラの花。
これも、だいぶ長い間置いといたけど、
まだ種は出来そうもないし、相当な面積使ってるから、
もうオサラバじゃ!

d0375829_20054179.jpeg

根も浅いので、
抜くときはあっという間。
さっきまで菜の花畑だったのに

d0375829_19585121.jpeg
この通りキレイサッパリ。

スッキリしたよ。

d0375829_20001265.jpeg
春菊だけはまだ収穫できるので、
脇芽が伸びてくるのを期待して、
もう1週間くらいは残しといた。

硬いとこもあるけど、柔らかいフサフサのも、
まだたくさん採れる。

茹でて酢味噌に和えて食べれば、あっという間に使い切ってしまう。

d0375829_20042275.jpeg
ブロッコリーの脇芽も、
まだ採れるよ。

最後にこれを取りきってしまったら、おしまいにしよう。

そろそろ夏野菜を植えるための準備を始めないとだからね。

残った株をキレイに片付けたら、一通り耕運機で耕し、
苦土石灰を撒き、軽くすき込んでおいた。

2週間後には、堆肥と肥料も施さなきゃ。

お彼岸が過ぎたら実質農閑期も終わり、
畑も忙しくなるぞ。

by agricody | 2019-03-24 19:54 | 冬野菜 | Comments(0)

ダイコンの成長を検証

d0375829_07131918.jpeg
ダイコンの根元から、
胚軸が顔を出してるではないか。

d0375829_07165162.jpeg
ニンジンの畝に、余った種を蒔いたとこが、
案外成長スピードが早く、どんどん大きくなっていきます。

葉が上に立ち上がってくると、あとは胚軸の部分が、太っていくのを待つだけ。

d0375829_07163821.jpeg
一方で、本来ダイコンの畝として、
ダイコンを植えたとこは、この有様。

何という違い。

これでも最初は全滅かと思ったけど、
先週末の雨の後、間引きに行ったら土の中には立派なダイコンが根を深くまで下ろしていて、間引くにも甲乙付けがたいのもあって、もったいないくらいだった。

夏まで枝豆を栽培していたとこなので、
肥料も堆肥も要らないくらい、というの教科書のやり方に従ったまでなのに、隣の肥料と堆肥をたっぷり蒔いたとこと明らかに違う。

ダイコンといえど、土の状態によっては、
ある程度は土を肥やした方が大きくて立派なのが採れるんじゃないか。

というのが、今回感じたことです。

まさにPDCA。

実際やってみた結果を検証する。

野菜は仕様書通りには必ずしも育ちません、という但し書きが農にはぴったり表現かも。

来年はまた検討しよう。


by agricody | 2018-10-30 07:13 | 秋野菜 | Comments(0)

初めての防虫ネット

d0375829_21402059.jpeg
いつも通り掛かる度に、
すげぇなぁ、とスケールの大きさに圧倒されながら、

今回は何作ってるのかなぁ、と横目に見ながら自分の畑へと向かいます。

d0375829_21425917.jpeg
今日作った畝。
やっとこさ一列作ったけど、これがなかなかの重労働なんですよね。

腰が、いたーー。

女は産みの苦しみを、男は労苦を。
人が神に背を向け、罪の結果として与えられたもの。

畑を耕さないと作物は得られません。

d0375829_21461996.jpeg

の長雨で、ずっと畑作業が遅れ遅れになっていたので、今日ようやく雨が止んで鍬を振るうことができた。

でも、土が完全に乾いてないので、
耕す土が重くて、長靴の底にもくっつく。

畝の土をよく見ると、
大きい粒の塊になっていて、

団粒塊っていうんですかね、

土が肥えてくると塊になるっていうから、
そこそこ良い土になってきたのだろうか。

d0375829_21493842.jpeg
初めて設置した防虫ネット。
こんな感じでいいんかいな。

弛んでるとこも多少はあるだろうけど、
まぁ、ええやろ。

でも、設置した側から、
中に蝿がブンブン飛んでるみたい。
これじゃ虫カゴを設置しただけじゃないか。

白菜、ブロッコリー、キャベツ、
と植えた野菜がそもそも虫付き前提の野菜なので、
これも仕方がない。

まぁ、食べるのが自分なので、
農薬だけは使いたくないし。

d0375829_21534512.jpeg
ふと、西の空を見上げると、
鰯雲がキレイだった。

秋の空、変わりやすいのは女性の心と同じ。
明日は晴れるみたいだね。

by agricody | 2018-09-22 21:39 | 土作り | Comments(0)

畑仕事も夏休み?

d0375829_20440275.jpeg
秋野菜の準備を済ませてから、
約半月が経過。

そろそろ土はホクホクになったかなぁ。

堆肥を混ぜてからすぐに植えられないから、
しばらくは畑に行っても草むしり以外の作業があまりなくて、

実質、畑仕事も夏休みというわけだ。

d0375829_20481797.jpeg
その間、ほとんど何もしなくても育つサツマイモだけが、すくすくと育っているので、
畝からはみ出したツルを元に戻してあげたら、土寄せして畝を直してあげる。

d0375829_20493658.jpeg
まだしぶとく栽培中のスイカ。

あんた達のおかげで、ここら辺だけは草が生えっぱなしだよ。
ちゃんと責任とってなー。


by agricody | 2018-08-29 20:43 | 土作り | Comments(0)

秋野菜の準備

d0375829_20462348.jpeg
カッパーーーん!

こんなに大きな穴が!
そして、中には蟻さん達が餌をゲットしにきてた。

ネットが届かなくて、仕方なく剥き出しのまま我慢してもらってたのが、見事に犠牲になりました。

虎視眈々と狙ってたな、カラスさん。

d0375829_20501748.jpeg
こっちのネット掛けした大玉ラグビーさん達は無事でした。周りは雑草だらけなので、スイカが埋もれてることすら気が付かなかったんでしょ。

d0375829_21010949.jpeg
勤め人ですと、こんだけの面積をメンテするの、結構骨折れますわぁ。

けど、このお盆の時期にちょっとだけ休みとって、なんとか秋野菜植える準備もできたし。

d0375829_21030198.jpeg
さぁて、種を買いに行くと、ずらーっとこんなに!

何植えようか考えるだけでテンションあがります。

ジーッと裏の説明を見ながら選んでる農家さんもいれば、

僕みたいに適当に選ぶ人も。

d0375829_21053917.jpeg
土作りしながら植える野菜は考えてましたがな。

無農薬スプレーも一緒にこうにゅ。


by agricody | 2018-08-17 20:46 | 土作り | Comments(0)

秋野菜に向けた土作り

d0375829_13590902.jpeg
先月までは畑一面、雑草で覆われてしまっていたのに、
実家から遊びに来ていた姉が草引きを手伝ってくれたこともあって、

あっという間に草がなくなり、
雑草が生えてるのは唯一スイカ畑だけになった。

毎日、革靴履いて出勤しないといけない身分ですと、なかなか作業が追いつきませんので、
特に真夏は朝早くから起きて作業しないといけないので、助かりました。

秋野菜を植えるため、
そろそろ堆肥をすき込まねば。

種まき時期から逆算すると、今から土作りしなきゃ。

スケジュール管理をするのは、普段から仕事でもやってることなので、
カレンダーを見ながら作業時期を考えるのはむしろ得意な方です。

といっても、肝心な堆肥をどれだけ撒けばいいのか、僕らには見当がつかないんですよね。

隣で師匠のMさんが撒いてるのを見ると、
畳4枚くらいで一袋分撒いてるようで、
堆肥を撒いた後の土が明らかに肥えてるように見える。

そんなに撒くのか!

僕の方は、明らかに土が痩せてる。
堆肥が足りないんだろうね。

それでも、堆肥を撒いて耕運機で耕やすと、
土がホクホクになるきがして、結構楽しいんですよね。

by agricody | 2018-08-12 13:58 | 土作り | Comments(0)

庭木と畑

d0375829_07293419.jpeg
月曜日から降り続いた雨がようやくあがったようだ。
5月だというのに、上着を羽織って部屋の中ではストーブを再び出してきて暖を取りたくなるくらい寒い。

お陰で畑の水遣りはせずに済むので、
朝はゆっくり寝ていられる。

庭に咲いているエゴの木。
雨が降る前に撮ったものなので、花弁がたくさんついてるけど、この雨でだいぶ散ってしまったかな。

新緑が芽生えるにつれて、枝も伸びてきて、庭の通路が狭くなる一方で、陽射しは遮ってくれるので、木の下にいると涼しいんです。

木は野菜と違って放っておいても育ってくれるから楽でいいです。植えるまでは腐葉土をいっぱい混ぜたり、土作りさえしっかりやれば、後はそんなに手がかからない。

庭造りを始めた時に気付いたのが、畑の野菜と庭木とでは、土作りに必要なものが全く違うということです。

でも、両者に共通する点は、土の状態が生育にとって欠かせない、ということ。

そして、土壌改良には時間がかかる、ということです。

とはいえ、庭木も放ったらかしにしていいというわけではないので、雨が完全にあがったら、また世話してあげなきゃですね。

by agricody | 2018-05-09 07:28 | 雑木の庭 | Comments(0)

エダマメの種まき

d0375829_21284247.jpeg
あまり綺麗ではないけど、
1つずつ穴を開けて、エダマメを3粒ずつ、2列に分けて種まきしてきました。

10メートル以上もひたすら、ウンチングスタイルのまま、ずっと作業してたので、腰がイタタター。

マルチは綺麗に張ったつもりなのに、
スコップでは上手く穴が開けられなくて。
それなら最初から穴が開いてるマルチでも良かったんですけどね。

肥料屋のMさんが来てくれたので聞いてみたら、スチール缶の周りをワニの歯みたいにギザギザに切って、マルチに押し付けたら綺麗に穴が開けられるよ、と。

へぇ〜、そんな技があるとはね。

ついでに長ネギ植えたとこが、どうしても水やった側から土が乾いてくるんだけど、と相談してみたところ、

d0375829_21343948.jpeg
麦茶堆肥を撒いて表面を覆っておけばいいと言って、
いきなりドバーッと山盛り。

え???

こんなに?

農家のやることは、どうも僕ら素人の感覚とは規模が違うようです。

使う肥料の量が半端ないですね、これは。

これで土の表面が乾く心配なし。

by agricody | 2018-04-28 21:28 | 植え付け | Comments(2)